« シックスクール裁判署名支援のお願い | トップページ | 情景~奥入瀬 -銚子大滝- »

2012/12/27

2012年12月25日公判を傍聴して

_mg_6075b
クリスマスと寒波のなか、今年最後の公判が開かれました。

今回は、原告側から多数の書類が提出され、

さらにその一部について、口頭による概略説明も行われました。

いつもと違って、法廷ドラマの一シーンのようです。

資料を入手したので、アップします。

20121225kawamoto1b_3

20121225kawamoto2b_4

20121225kawamoto3b_6

 

 

_mg_6081b_3

報告集会であらためて説明を聞きながら、二年十か月という時間をかけて

この事故のすがたがここまで明確になってきたんだなという感触を得ました。

この裁判が提起されたことによって、安易に有機溶剤を使用しない方向に変わりつつあるとも耳にしました。

 

 

過失とは 起こりえる可能性なのだからこそ、

それを繰り返さないために 起きてしまった工程を精査する。

本来、システムとして機能するべきはずだったことなのだと思います。

と同時に、パーフェクトな組織など存在しないと仮定するならば

意識的に弾力的な運用をこころがける、それを視野に入れたうえでの今後のやりとりであってほしいと切に望みます。

               by karasunoendou


   

 



« シックスクール裁判署名支援のお願い | トップページ | 情景~奥入瀬 -銚子大滝- »

傍聴の覚書」カテゴリの記事

portal

カンパのお願い

  • ゆうちょ振込先
    記号 002201 
    番号 84845 
    名義 保土ヶ谷高校シックスクール裁判を支援する会

    よろしくお願いします。

What's New

  • カウントダウンメーカー



  • タイプミス・誤変換などお気づきの点等ありましたら、お手数ですがご一報ください。早急に訂正します。
  • 2016年7月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    Mail

    • ご連絡はこちらからお願いします。

      管理者へのMail

      フォームメールを変更しました。(2011/3/31)

    無料ブログはココログ