« 2012年12月25日公判を傍聴して | トップページ | 拡がる連帯の輪~2013年3月7日裁判を傍聴して »

2013/01/08

情景~奥入瀬 -銚子大滝-

◇奥入瀬 -銚子大滝- 

002b_2

【水彩画 水彩絵の具 ドイツ・シュミンケ社製 水彩紙・日本製 APLLO・SG・F8】

Copyright© 2011 Hideo Yaginuma All Rights Reserved.

銚子大滝は、奥入瀬最大の滝です。

滝の周辺は、マイナスイオンに満ちた気持ちの良いさわやかな空気で満たされていました。

落差が5メートルほどでしょうか、魚の遡上を、残念ながら阻止してきたのです。

もし、この滝がなければ、十和田湖は豊かな魚の泳ぎ回る湖にであったかも知れません。

画面左側の大木は、描いていて、人間が化石化したように感じました。

奥入瀬の豊かな自然環境を守り続けているうちに、とうとう節だらけの大木になって、いまも奥入瀬の豊かな自然の保護の使命を、私に語り続けてくれました。

私も、保土ヶ谷高校有機溶剤汚染事故に関して、この大木のように頑張るしかないのでしょう。

保土ヶ谷高校の有機溶剤汚染事故は、

「トルエン・キシレン・エチルベンゼンが原因物質である古典的な事故の最後の事故例である」

と、ある専門家が語っていました。

保土ヶ谷高校の事故以降は、厚生労働省や文部科学省が規制値を定めている有機溶剤から、

今まで使用されていない新たな有機溶剤によるシックスクール事故へと、問題は闇を深めてきています。

多種類化学物質による健康被害について、気がついてくださる方々の輪が、少しずつ大きくなることを願っています。  (作者解説より)

 

ちょうど一年近く前になりますが、当サイトに掲載したスケッチ、「奥入瀬はそれでも流れる」が、 

第13回裁判(2012/8/23)にて、被告である神奈川県側から証拠として提出されました。

 

人間は、そのささやかな存在を自覚して、未来の子供達に大切な地球環境を伝え続けることが私たちの使命だと思う。

 

という、絵に込められたメッセージが伝わったのかと思いきや、

 

「旅行が出来るほど元気ではないか」

 

というのが、県側の主張でした。

休暇中、転地療養を兼ねた家族旅行で、画家が絵を描いてはいけないらしいです。

健康で文化的な生活というものを、神奈川県がどうとらえているか はっきり示したということですね。

文化に対する意識の低さもさることながら、人の痛みに対するこの鈍感さが行政の態度であることに、怖気を振るわずにいられません。

真夏でも活性炭入りマスクを手放せなくなった身体で描いたスケッチということを忘れてはいけないと思います。

 

※作品の著作権は、作者柳沼英夫氏に帰属しています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

« 2012年12月25日公判を傍聴して | トップページ | 拡がる連帯の輪~2013年3月7日裁判を傍聴して »

回廊 -sketch-」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情景~奥入瀬 -銚子大滝-:

« 2012年12月25日公判を傍聴して | トップページ | 拡がる連帯の輪~2013年3月7日裁判を傍聴して »

portal

カンパのお願い

  • ゆうちょ振込先
    記号 002201 
    番号 84845 
    名義 保土ヶ谷高校シックスクール裁判を支援する会

    よろしくお願いします。

What's New

  • カウントダウンメーカー



  • タイプミス・誤変換などお気づきの点等ありましたら、お手数ですがご一報ください。早急に訂正します。
  • 2018年10月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    Mail

    • ご連絡はこちらからお願いします。

      管理者へのMail

      フォームメールを変更しました。(2011/3/31)

    無料ブログはココログ