準備書面

2015/02/11

控訴人意見陳述 (2015/2/4)

平成26年 (ネ)第5662号 損害賠償請求事件

控訴人  柳沼英夫

被控訴人 神奈川県

 

          意見陳述書   

                         2015年2月4日

東京高等裁判所第20民事部御中

                         控訴人 柳沼英夫

1

私は、2004年4月27日、音楽室での清掃時に雨漏りを発見しました。

担当生徒が悲鳴を上げるほどのひどい雨漏りでした。

美術室から大きな盥を数個運び、自宅からブルーシートを持参してしのぐ状態が5か月続きました。

9月、やっと防水工事が行われることになり、ほっとしたのもつかの間、9月中旬、防水工事開始直後からシンナー臭が音楽室、書道室を中心に芸術棟に拡がり、事務長に苦情を訴えました。

2

10月頃から芸術科の2名の女性職員が体調不良になり、私は教科代表として、事務長や教頭、校長、施工業者との交渉の前面に立つようになりました。

訴えに対して、情報・対策がなく不安が深まりましたが、私も、2人の芸術家の先生も、生徒を守ろうと必死で学校に対策を訴えました。

そんな中、県からは、「臭気は窓から入っている。窓を開けて換気せよ」という指示が繰り返されるだけで、VOCの濃度の測定すら行われませんでした。

12月1日になって、やっと、学校薬剤師による簡易検査が行われ、指針値を大幅に超えるVOCS濃度が検出されました。

既に工事から2か月以上が経過していました。

3

ところが、県は、その後も正式な濃度測定を行おうとせず、シンナー臭発生から140日も経過した2005年1月31日になって、やっと検査を行ったのです。

時間の経過と気温の下降とともに、少しずつ、濃度が下がっていたのだと思います。

12月には指針値を超えていたのが、その約2か月後に行った検査では、指針値内との結果でした。

4

横浜地方裁判所は、工事から2か月後の12月1日の指針値越えの数値を全く考慮しない上に、その約2か月後の1月31日の指針値内の結果だけを評価して、保土ヶ谷高校でのVOC濃度は指針値を大幅に超えているとは言えないと判断しました。

約5か月間の異常な臭気は全く考慮されず、簡易検査で指針値を超える検査結果もすべて無視されました。

その後2005年4月下旬、気温上昇に伴って教室・廊下の有機溶剤の濃度が上昇し、308名もの生徒が校舎内で体調不良を訴えました。

それでも安全だったのですか。

5

当時のアンケートから、事故当初から8か月もの間、生徒たちが体調不良を感じていたことが明確になりました。2005年5月3日以降の新聞には、保土ヶ谷高校シックスクール事件として連日記事が掲載され、NHKでも放送されました。

6

私が頭痛や不安感などの体調不良を自覚したのは、2005年1月頃です。

5月頃には、頭痛や不安感という神経症状を自覚しながらも、私は、全ての再改修対策会議にも出席していました。

また、職員会議では、怒りが爆発し、帰宅後は身体が疲れ切っているのに眠れませんでした。

神経症状に悩み、病院を受診したのは、2005年11月です。

そして、2006年3月頃からは関節の痛みが激しくなり、9月には北里研究所病院で診察を受け「シックビルティング症候群・化学物質過敏症を発症」と診断されました。

以降、体質改善療法を現在まで続けています。

道路工事や、室内の臭気、車内の臭気、煙草の煙によって、気管支が痛み、頭痛等の症状も続いております。

通常の生活ができません。

心身ぼろぼろの状態で、32年6か月勤務した教職を2014年3月31日付けで、早期退職しました。

学校の教壇に今後、立つことはできません。

私に、健康な体と、生徒と共に学ぶ場を返して下さい。

10年の貴重な時間を返してください。

そして、学校は、生徒の健康を守らなければなりません。

勇気をもって教育の原点を守ってください。

                              以上

2010/08/30

意見陳述 (原告) 2010/7/8

2004年9月、県立保土ヶ谷高校北棟3階の音楽室、西棟5階部活倉庫の雨漏りのため、防水工事が行われました。
それ以降、有機溶剤汚染事故に、芸術科主任としてかかわり、関係資料を収集整理して6年が経過しました。

2004年4月、合唱部は着任した音楽担当者の熱意で部員が2名から10名以上になり、意欲的な活動を続け、美しいハーモニーを校内に響かせていました。
防水工事に使用された大量の有害な揮発性有機溶剤によって、彼らが健康被害を受けました。

2010年現在も、体調不良に苦しんでいます。

生徒の生命・健康を守ることを教職員の使命として自覚し、今回の提訴を決意しました。

汚染事故の経過をお話します。

2004年10月、防水工事中に音楽、書道の担当者に体調異常が現れました。

芸術科担当の3人で、異常な濃度のシンナー臭は何なのかを、事務長、工事業者に問い詰めましたが、「臭気は窓から入っている。窓開け換気をするように。」と矛盾したことを言われただけでした。

「臭気の原因物質は何ですか。どういう工事をしたのですか。」と3人で問い詰めましたが、管理職と工事業者は「何もわからない。」と回答しました。

知人の建築士に相談しました。「シックハウスで危険だ。」との示唆を受け、3人の不安は増していき、何も対策が講じられないまま、12月には、すでに精神的に限界の状態でした。
何度も3人で検査を依頼しましたが、管理職は、他の職員に事実を知らせず、検査を遅らせました。
12月1日の有機溶剤簡易検査で高濃度の検査結果が出た際、全職員に伝えるように、教頭に懇願しましたが、「数値が一人歩きする。キシレンは危険ではない。」と、全職員への検査結果の連絡は拒否されました。
音楽・書道担当者は2005年3月には北里研究所病院にて「化学物質に起因する疾病」の診断を受け、勤務が困難な健康状態になりました。

4月には、気温の上昇とともに、教室天井のコンクリート内にたまっていた有機溶剤が爆発的に発生し、生徒300人以上が体調不良を訴える事態となり、テレビ、新聞で30回以上報道され、神奈川県教育委員会 知事 も汚染事故を無視することができなくなりました。

私が体調不良を自覚したのは、県が改修工事を受け入れた5月です。

封鎖された美術準備室に教材を取り行く際に、臭気の異常さに強い不安を感じました。

改修工事が開始した2005年7月には、朝の出勤時に解体工事の粉塵を吸ってしまい、退勤時には、異常な痰が30分以上、出続けました。

5月より、管理職は、事故対応のため、夜遅くまで、会議等を命じ、解決策を練りました。

工事対策会議は23時までかかったこともあります。

私は安全策を提案し、細部まで検討して、全ての会議に臨みましたが、有機溶剤の危険性を理解できない職員が存在したのは事実です。
会議の中で、有機溶媒汚染の危険性を無視した発言に対して、私は、心の平静さを維持できませんでした。
帰宅後、体がつかれきっているのに、夜、不眠になりました。

未明にに目が覚め、不安が体中をめぐり、暗い部屋の中をさ迷うことも何度かありました。
同僚の勧めもあり、心療内科の扉を叩いたのは、2005年11月です。
改修工事終了後も検査結果は高濃度を示し、改修した教室には臭気が残っていました。校長は、県が安全宣言を出したことを理由に教室の再開を強制しましたが、生徒・保護者は納得しませんでした。

2006年3月頃から股関節の痛みが激しくなりました。

右肘に痛みがあり、つかむ力も弱くなり、美術の画集を落としてしまうこともありました。

入浴に際し、お湯の入ったひしゃくが持てないのです。
すぐにも北里研究所病院での検診を考えましたが、入試の時期で一日も休めません。

入学試験、学年末の成績、新学年の準備等の通常業務に加え、担任クラスの生活指導などが頻発し、PTA担当書記の毎月の業務、地区会長校書記として地区大会の準備などのため、診察に行くのが後のばしになりました。

2006年9月に北里研究所病院で診察を受け シックビルディング症候群・化学物質過敏症を発症 との診断を受けました。

以降、体質改善療法の処方を、現在まで続けています。

勤務を続けられているのは、心療内科の治療と体質改善療法の成果であると考えております。
1年間の医療費は6万近くになります。この状態がいつまで続くかわかりません。

退職後の医療費も考えなければなりません。不安は大きいです。
街中の工事現場の溶剤や、教室のストーブ等による激しい頭痛、喫煙者が吐く息によって、気管支が痛む等の症状も続いております。

6月中旬からの気管支炎では4種類の抗生剤で、やっと症状が安定してきたところです。

今回の有機溶剤汚染事故は、教育委員会が生徒の健康・安全を配慮せず、事故の責任回避を優先したことによって起きました。
校長など学校管理職の無責任で無慈悲な対応も検証してください。

文部科学大臣は国会にて「遺憾である。」との答弁をしながら、その後の進捗はありません。
問題点を検証し、謝罪も全くされていない現状をしっかり見据えて、責任と対応を明確にしなければ、今後も、生徒と職員は更なる健康被害の犠牲者となるでしょう。

学校建築が老朽化し、雨漏りが多発しています。

防水工事に使用される化学物質のリスク管理と安全管理は急務です。
これからの日本の将来を担う子供たちを、これらの危険から守ってください。

2010年7月8日 横浜地方裁判所 502号法廷

 

 

 

 

2010/08/29

意見陳述 (原告側主任弁護士) 2010/7/8

1 本件事件

本件は、神奈川県立保土ヶ谷高等学校で、平成16年9月に発生した、屋上防水補修工事に使用された有機溶剤に伴う汚染事故(シックスクール事故)において、美術科教諭だった原告が、被告のシックスクール事故に対する対処の遅れから、長期間にわたって有害な揮発性有機化合物(VOC)に被爆し続け、その結果・シッククビルディング症候群及び化学物質過敏症に罹患したことの責任を被告に求めるものである。

2 本件の請求

(1) 事故の原因

本件シックスクール事故の原因については、被告自身の調査結果によって、平成16年9月に実施された保土ヶ谷高校北棟の本件屋上防水補修工事において、適切なクラック処理がなされずに新しい防水層を塗布したことから、防水プライマーの成分のキシレンやエチルベンゼン等のVOCが、防水層から直接あるいはクラック等を通して、屋上のスラブ(コンクリート床)に染み込むこととなり、直下の書道室や音楽室に放散されることとなったことが、明らかになっている。

(2) 安全配慮義務違反

ア 不適切な補修工事によって、原告を有害な化学物質に曝露させた被告は、原告に対し、安全配慮義務を負っており、このように不適切な補修工事において・原告を有害な化学物質に曝露させて、シックビルディング症候群及び化学物質過敏症に罹患させたものであるから、その責任は明らかである。

イ 対策の遅れ
のみならず、被告が対策工事を行ったのは、平成17年7月のことであり、10か月も経ってからのことである。その問、原告は、有害な化学物質に被爆し続けたのであり・その問、5月2日には、異臭により、実に308名の生徒が体調不良を訴えるという事態まで発生した。
被告の対策の遅れという点でも被告の責任は明白である。

ウ 被告の抗弁
なお、この点について、被告は、屋上防水補修工事が原因となって室内に化学物質が放散されたことはこれまでに例がないことであるから、予見可能性を欠くとする。

エ 予見可能性は十分あった
しかし、補修工事のときから異臭の訴えは続いていたのであり、特に、原告は、補修工事直後から、この工事が原因であることを指摘し、適切な対策を訴え続けていた被告が・再三のこれらの指摘に、少しでも真撃に耳を傾けてさえいれば、もっと早い対策が可能であったのであり、生徒や教職員の健康被害を最小限に食い止めることが出来たのである。予見可能性が無かったなどとは到底言えない。
 被告の対応は、事故の当初から、生徒や教職員の健康を無視し、事故を隠蔽して責任を暖昧化しようとしてきたと言わざるを得ず、現在に至るまで、何ら反省が見られない。

(3) 公の営造物の設置・管理の暇疵

さらに、原告は国家賠償法第2条の「公の営造物」の設置・管理の「暇疵」に基づく責任も問題としており、こちらは無過失責任とされているから、この点では、被告の主張する予見可能性の有無さえ問題とならない。

3 早期救済を

被害者である教職員や生徒は・被告から謝罪のことばも受けることなく、未だに苦しめ続けられている。
原告は、本件訴訟において、被告の責任を明確にするとともに、その被害の救済を求めるものである。

 

 

portal

カンパのお願い

  • ゆうちょ振込先
    記号 002201 
    番号 84845 
    名義 保土ヶ谷高校シックスクール裁判を支援する会

    よろしくお願いします。

What's New

  • カウントダウンメーカー



  • タイプミス・誤変換などお気づきの点等ありましたら、お手数ですがご一報ください。早急に訂正します。
  • 2016年7月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    Mail

    • ご連絡はこちらからお願いします。

      管理者へのMail

      フォームメールを変更しました。(2011/3/31)

    無料ブログはココログ